トピックス

設計-Diary 記事詳細

高山ブログ 【設計-Diary】 2016.12.20


松本市から西へ約85Km、車で1時間30分ほど行ったところに高山市があります。 

高山市は私から見ますと街並みなど昔の名残りを大切にしており、

朝は朝市など行ってとても活気のある街に感じられます。






私自身、お城や古い建物に興味がある事から 


その街の中にあります高山陣屋という建築物をご紹介します。



IMG_20161103_114134.jpg












昔、徳川幕府は1692年に飛騨を直轄領として、

高山に「高山陣屋」を設け、代官、郡代らを派遣し

行政、財政、警察などの政務を行っていたそうです。

高山陣屋は御役所、郡代役宅、蔵等の機能を持つ建築物になっております。

IMG_20161103_111127.jpg
IMG_20161103_114105.jpg


岐阜県は全国にただ一つ現存する徳川幕府郡代役所を保存する為に

幾度とわたり復元修理を行ってきたそうです。



IMG_20161103_111518.jpg


建物自体は平屋建て(?)ではありますがとても広く、


広い中でも必要な場所には光や風通しを考慮しており、



用途によってうまく部屋を配置してありますので


昔の人もすごいプランを作るセンスがあるんだなと感じられました。  


ただ、冬は寒かったのではないかという実感もあります。  





役所部分、住居部分もしっかり区別されていて役所部分で興味を持ったのは



よく時代劇にも出てくる御白州の場です。 

IMG_20161103_112721.jpg



 役人の業務にも差し障りが無くスムーズに職務を果たせる配置となっております。



 住居部分では、庭と居間とのつながりが素晴らしく良く、


四季を感じられる間取りとなっております。



IMG_20161103_112015.jpg


IMG_20161103_113810.jpg



 せっかく行きましたら飛騨高山地方の名物の高山ラーメンや
飛騨牛なども楽しんで来たらいかがでしょうか。



以上、設計課伊藤でした。




物件に関するご質問・お問合わせは、お電話またはお問い合わせフォームにて承ります。

[ 宅地建物取引業免許/国土交通大臣(2)第7899号]トヨタホーム名古屋㈱